Home / ブログ  / 1ミリ、1インチの世界をあなたは見たか。

1ミリ、1インチの世界をあなたは見たか。

こんにちは!!
Sk8tube.tv スタッフの Rai(ライ) です!!
 
 

 

1ミリ(1mm)、1インチ(1″)の違いで、大きく変わる。

毎日の生活で、サイズを意識することって多いですよね。その中でも1ミリ、1インチの違いで、使い心地や見た目が大きく変わるものがあります。
 
例えば・・・
 

  • 車のタイヤ → スリップサインが露出する残溝 1.6ミリを超えると車検に通らない。
  • 家の壁 → 木の厚さが1ミリ違うだけで、壁に段差ができ、格好の悪い出来栄えになる。
  • 工具 → ミリ工具やインチ工具があります。通常の丸軸のドリルビットは 0.1ミリ単位で販売されています。
  • スマホ / ガラケー → 大きさが1ミリ変わると、使用感に大きな差がある。
  • メイク → アイラインが1ミリ長いだけで、目はグッと大きく見える。

 
このように、ほんの1ミリの差で大きく変わることがわかります。スケートボードも同じで、自分に合ったサイズ選びはとても大切です。
 
例えば、「デッキが細いと軽いけど、安定性が少なくなる」とか、「ウィールが大きいと速いけど、重くて回らない」などなど、ほんの1ミリ、5/8(0.125)インチ違うだけで滑りがガラッと変わりますね。
 
どのサイズが正解というのは無くて、色々なサイズを試して、自分にぴったりのサイズを見つけてください。これがまた楽しいんですね。
 
ストリートではこの組み合わせ、クルージングではこの組み合わせとシチュエーションによって、変えてみるのも楽しいですね。
 
そこで本日は、デッキやウィール、トラックのサイズについてご紹介していきますので、ご覧ください。
 
 

スケートボードデッキのサイズ

デッキのサイズは基本「幅」で分類されます。
 
*1″ = 2.54cm
 
細めのデッキ (〜7.625″)

  • 回転系のトリック(キックフリップなど)がしやすい。
  • 安定性が低い。
  • 軽め。
  • キッズや女性など足の小さな方にオススメ。

 
太めのデッキ (7.75″〜)

  • 回転系のトリックが難しくなる。
  • 安定性が高い。
  • 重め。
  • 男性など足の大きな方にオススメ。

 
以下の写真は、標準サイズの「7.5″ x 31″」と、極太サイズの「8.75″ x 32.375″」を比較したものです。比べてみると、こんなに違うんです!!
 

シューズのサイズ別!! スケートボードデッキの選び方の記事はこちら

 
 
 

ウィールのサイズ、硬さ

ウィールのサイズは「直径 (口径)」で分類されます。また、硬さは「ソフトウィール」と「ハードウィール」で分類されます。
 
小さめのウィール (〜51mm)

  • 回転系のトリック(キックフリップなど)がしやすい。
  • スピードが出しにくい。
  • 軽め。
  • 細かい動きがしやすい。

 
標準的な大きさのウィール (52mm〜54mm)

  • スケートボード初心者の方にオススメ。
  • ストリートには、52mm がオススメです。
  • バランスと軽さの釣り合いが取れている。

 
大きめのウィール (55mm〜)

  • 回転系のトリックが難しくなる。
  • スピードが出しやすい。
  • 安定性が高い。
  • 重め。
  • 細かい動きがしにくい。

 
柔らかめのウィール (〜92A)

  • ストリート向け
  • トリックがしにくい。
  • 滑走音が静か。
  • スピードが出しやすい。
  • 重め。

 
硬めのウィール (99A〜)

  • パークやランプ向け(*もちろんストリートでも超定番です。)
  • トリックがしやすい。
  • 滑走音が大きい。
  • スピードが出しにくい。
  • 軽め。

 

 
 
 

トラックのサイズ

トラックのサイズは「高さ」で分類されます。HI (ハイ / 高い) と LOW (ロー / 低い) の2種類の高さがあります。
 
HI

  • オーリーの高さが出しやすい。
  • オーリーの時、LOW に比べて力が必要。
  • カービング性能が高いので、スムーズに曲がりやすい。
  • 安定性が低い。

 
LOW

  • HI よりもオーリーの高さを出しにくい。
  • オーリーの時、小さい力でもハジキやすい。
  • 曲がりにくい。
  • 安定性が高い。

 
*スケートボード初心者の方は、オーリーの練習に適した LOW がオススメです。
 

 
 
 

Sk8tube.tv では、サイズの選び方が簡単!

Sk8tube.tv では、デッキやウィール、トラックの選び方をわかりやすくご用意しております。身長や目的に合わせて、Check してみてくださいね。
 

 
サイズ別 スケートボードデッキ
8.75″ はこちらから
8.375″ はこちらから
8.25″ はこちらから
8″ はこちらから
7.875″ はこちらから
7.75″ はこちらから
7.5″ はこちらから
7.25″ はこちらから
7″ はこちらから
6.875″ はこちらから
 
ウィールのご紹介
ウィールの硬さについてはこちらから
商品のご購入はこちらから
 
トラックのご紹介
THUNDER TRUCKS についてはこちらから
INDEPENDENT についてはこちらから
商品のご購入はこちらから
 
 
 
いかがでしたでしょうか。サイズ選びって、とても重要ですよね。
 
最近滑り心地が悪い。もっとトリックが上手くなりたい。そんな方は、サイズを変えてみてはいかがでしょうか。
 
身長や目的に合ったサイズで、スケートライフをもっとお楽しみください!!

POST TAGS: