Home / ブログ  / デッキの買い替え時期、寿命はいつ?

デッキの買い替え時期、寿命はいつ?

こんにちは!!
Sk8tube.tv スタッフの Rai(ライ) です!!
 
 
 

常に最良の状態で滑りたい!!

消耗品であるスケートボード。特にデッキは、パーツの中で最も買い換えが多いですよね。
 
古いデッキはハジキが悪くなり、オーリーなどのトリックに影響が出ます。新しいデッキの方が、オーリーの時にテールを弾きやすくて、トリックがしやすいです。
 
では実際、デッキはいつ買い替えれば良いの?と悩む方も多いかと思います。本日は、そんなデッキの買い替え時期についてご紹介していきますので、ご覧ください。
 

 

スケートボードデッキの買い替え時期の目安

多くのスケーターは、デッキが以下の状態になると買い替えます。ご参考にしてみてくださいね。
 

  • デッキが折れている、ヒビが入ったり割れてきている。
  • ノーズ、またはテールがチップする。めくれ上がってる・すり減っている。
  • キックやコンケーブがゆるんでいる。
  • ハジキの音が悪い、ハジキが悪い。
  • デッキのデザインを新しくしたい。

 
 
 

デッキが折れている、ヒビが入ったり割れてきている。

多くのスケーターがデッキを変える理由です。真っ二つに折れたらもちろん即買い替えですが、デッキの内部が割れたりヒビが入ったりすることがあります。
 
↓下の写真の影のように、ガックリしちゃいますよね。○| ̄|_
 
事故やケガをしないように、少しでもヒビが入ったら早めに買い替えることがオススメです。
 

 
 
 

ノーズ、またはテールがチップする。めくれ上がってる・すり減っている。

オーリーをやっていると、デッキのノーズやテールがすり減ってきて短くなります。
 
こうなると、慣れていたオーリーのタイミングが変わったり、ハジキが悪くなったり、フリップがうまくいかなくなります。
 

 

 
 
 

キックやコンケーブがゆるんでいる。

これは、デッキが平らになっていくということです。スケーターの体重などによって、変形していきます。
 
キックはオーリーをするため、コンケーブはフリップを回す際に引っ掛ける際に必要です。トリックのことを考えると、買い替えの目安になります。
 

 
 
 

ハジキの音が悪い、ハジキが悪い。

湿気によってデッキのハジキが悪くなってくることがあります。新品の時は、デッキを地面に叩きつけると「パンッ!」とか「バチンッ!」という高くて乾いた音がします。
 
しかしデッキが湿気てくると、「カスッ」とか「ゴンッ」という音になります。これはハジキが悪くなっている証拠。トリックにも影響が出ます。
 

 
 
 

デッキのデザインを新しくしたい。

気に入ったグラフィックのデッキを見つけた。スライドトリックでグラフィックがかすれてしまったのでキレイにしたい。など、デッキのデザイン重視で買い替えるのもアリです。
 
好きなブランド、好きなグラフィック、好きなスケーターのモデルなどを参考に見てみてくださいね。
 

 
 
 

Sk8tube.tv で人気のデザインベスト3はこちら!!


 

 

 
 
 

1ヶ月から2ヶ月くらいで変えていくのがベスト。

常に最良の状態で滑りたい!! 毎日スケートをしている。そんなあなたは、1ヶ月から2ヶ月くらいで買い替えるのがオススメです。
 
デッキを新しくしたことで、それまで成功しなかったトリックが成功する場合もあります。
 
 
 
いかがでしたでしょうか。デッキのコンディションって、とても重要ですよね。
 
ご使用のデッキに少しでも違和感を感じている場合、新しいデッキに買い替えてみてはいかがでしょうか。

POST TAGS: